VIOラインの自己処理はどうする?

VIOラインって自己処理しにくい場所だと思いますが、脱毛ラボ(Datsumo Labo)においてもVIOは事前に自己処理しておく必要があります。

 

脱毛クリームで自己処理は?

 

VIOは手が届きにくい部分だし、剃るのはたいへんだから、いっそのこと脱毛クリームを使って自己処理しようと考える方も中にはいるかもしれません。

 

しかし、これは絶対にやってはいけません。なぜなら、光脱毛は毛の黒い部分に反応するので、ある程度短い毛が残っていないと効果がないからです。これでは、高いお金を払ってせっかく脱毛してもらっているのに全く意味がありません。

 

カミソリと電動シェーバーのどちらがよい?

 

では具体的にVIOの自己処理はどうすればよいのでしょうか。

 

VIOを自己処理する場合は電動のシェーバーを使用しましょう。デリケートな部分なのでカミソリを使用すると傷つけてしまう恐れがあるからです。VIOは剃り残しを確認しずらい部分もありますが、そういったところはシェービングする回数を増やすことでカバーするしかないです。

 

自分では剃ったつもりでも結局、剃り残しがあって、脱毛ラボでシェービングしてもらう可能性は非常に高いです。VIOのシェービングには別料金1000円〜1500円がかかりますが、初めからそういうものだと思って、自己処理は軽く済ませる方が多いようです。